サンプル
2008年 10月 29日 (水) 00:05

前回、エミさんが書いてましたが、今工場では展示会に出品する為のサンプル作
りに追われる毎日を過ごしています。どうも、ノセです。


現在サンプル期間中でいい機会なので、ボーデッサンの展示会について書きたい
と思います。

ボーデッサンの展示会は、1年のうちに5月、9月、11月と3回の展示会があります

5月、11月はバック中心の大きな展示会で、9月は小物中心の展示会と分れていま
す。

展示会場は、浅草にある本社で行なっています。

展示会に来て下さるお客様は、地方の一番店のバック専門店さんです。

毎回、足を運んで頂いて下さってる皆様には「ありがたい」と言う気持ちでいっ
ぱいです。
この場をかりて感謝の気持ちを述べたいと思います。

話しは戻ります。
ひとつのサンプルが出来上がる手順は色々ありますが、一番多いケースの生嶋編
をお送りしたいと思います。

生嶋編と言いますと、ボーッデサンの核である生嶋チーフディレクターがおおま
かなデザイン、バックのサイズを決め、作り方、細かなデザイン等は私達作り手
が決めると言う流れです。

今回は、そういった流れでいい感じの物が出来たので紹介したいと思います。

使用した素材は、以前にもボーデッサンの商品で使用した事のある「高密度コッ
トンキャンバス」通称「NK」に今回は洗いをかけた物です。

P9290258.jpg

わかりにくいですが、左が洗いをかけたものです。

この素材は生地の目が細かく、しっかり編まれた物で、ボーデッサンが注文して
作ってもらったスペシャルなキャンバスなのです。

しっかり編まれた証拠に、生地の端っこはごらんの通りバサバサになっています。

P9290270.jpg



今回はそんなキャンバスを洗いにかけ、程よく力の抜け、味のある生地に仕上が
りました。

色はカーキ、ベージュ、クロの3色展開です。
特にカーキがお勧めと言う事もあり、早速サンプルを作ってみました。


P9290266.jpg

カーキのキャンバスに、茶色の革をコンビしたバックです。
ファーストサンプルなので、多少変更はあると思いますが、こんな雰囲気のバッ
クが11月展に並ぶ予定です。
まだ形になってませんが、同素材で作る型で他には、リュック、ショルダー、ウ
ェスト、トートと色々と作る予定です。

お店に並ぶのは、来年になってしまいますが首を長~~~~~~~っくして待っ
てて下さいね。






トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) HOW TO GO all rights reserved.
designed by polepole...